鹿児島中央駅エリアに新感覚【もつラーメン】店がOPEN!出店したのはあの有名店の店主!

どうも。三代目です。

 

さて、今回はラーメンのお話。

 

ラーメン。

 

もうね、響きが良いですよね。ロマンを感じます。

 

実は私自身、幼い頃からラーメン屋になるのが夢でして、いつか自身のラーメン店を・・・

 

 

 

なーんて野望を持っていたりもします。

 

 

そんな私のもとへFBメッセンジャーで『新規店舗の内装工事の見積をお願いしたいのですが』と連絡が来たのが9月の初旬。

 

FBでつながっていて、共通の友人も多い、鹿児島ユナイテッドFCの試合時に『スタグル』として出店したり、鹿児島のイベント屋台で見ない日はないほど絶大な人気を誇るからあげの名店『からだれからあげカラキチ』の小脇さんからでした。

 

 

なんでも、以前弊社で施工した易居町の『MY 2ND KITCHEN』 の写真投稿を見て雰囲気を気に入ってくださったとのこと。

鹿児島のWEBメディア、KagoshimaniaXにも紹介されてます。

 

【開店】マイセカカレーにはゴマドレがいい感じに効いてくるよね【my2ndkitchen】

 

 

FB投稿を見た方からメッセンジャーで仕事が舞い込む時代。

 

WEBの力はすごいですね。ありがとうございます。

 

そんなこんなで打合せを進めつつ、前がハンバーガー屋さんだった店内はそのままでも十分活用できる状態でしたが、小脇さんが持つ想いやコンセプトを紐解き、『和』の心、日本人として、鹿児島人としての想いを聞き、カタチを提案させていただきました。

9月中旬から打合せを重ね、10月に着工。10月末には竣工というスピード感で仕上げてまいりました。

工事前の店内はこんな感じ。

 

 

仕上がった店舗はこちら

 

 

 

 

薩摩和穣麺 燎 (さつまわじょうめん かがりび)

 

店内はこんな感じ。

 

 

 

 

 

今回の内装では『和』を感じてもらえるような仕掛けをちょいとしてあります。

 

それがこちら。

 

書院造でみられるような『違い棚』です。

 

立派な和室の床の間にあるアレです。

 

ラーメンどんぶりやお皿などを置く棚にちょっとアクセントを加えるだけで雰囲気がよくなりますね。

 

厨房から見たらこんな感じ。

 

共研公園まえのイケてるお花屋さん『MAPLE MAPLE』の中村さんがアレンジしたドライフラワーもいい感じです。

 

 

カウンターの正面は一枚ずつ丁寧に焼かれたタイルを。

 

明るく清潔感が有りながら落ち着きを感じる店内に仕上がりました。

 

そして肝心のラーメンはというと・・・

 

 

11月11日グランドオープン前の本日11月8日、プレオープンでこのメニューを提供しているそうです。

 

早速スタッフとお伺いし、看板メニューの和牛もつラーメンと燎ラーメンを頂きました。

 

こちらがうちのスタッフが食べた和牛もつラーメン

 

丁寧な鶏ガラスープに和牛のプリップリのモツがトッピング。

 

あっさりなのにコクが有るとっても上品なラーメンに仕上がっております。

 

そして私が食べたのはこちら燎(かがりび)ラーメン。

 

和牛もつラーメンと比べてこちらはしっかりと炊きだした濃いめの味付け。

 

個人的にはどストライクな味でした。スタメン入り決定。

 

これ以上多くは語りません。

 

是非一度食べに行ってみてください!

 

 

 

 

こちらの『とりめし』も美味かったですよ!

 

場所は鹿児島中央駅からベル通り(線路に近い方のアーケードじゃない通り)を都通の方へまっすぐ抜けてベル通りの角にある『地鶏ダイニング薩摩 bell門(ベルカド)』っていう美味しい居酒屋を左折して20mくらい。

 

令和1年11月11日11時11分OPENです!

小脇さん、中間さん、頑張ってくださーい!!!

 

ではまた。

オーーーーーープンハウーーーーース開催

どうも。三代目です。

ブログ書く書く詐欺からはや三ヶ月。ご無沙汰してます。

 

さて、なにかと色々バタバタとしておりまして、やっっっっっっっっっっと自宅のリノベも完成しまして、いざお披露目という段階までこぎつけました。

 

 

4月から工事初めて、大工不足を乗り越えて自ら大工まがいの事をして、多くの人に支えられ完成。

 

 

そんな我家は温熱計算をバリッとやって、しっかり断熱しっかり気密の家が出来ました。

 

エアコン2台で超快適(効率考えて今は補助エアコン回してるので3台になってますが2台でも十分)。

 

そんな我家をオープンハウスで解き放ちます。

 

RENOVEGGAが提案するこれからの暮らし方。

 

ぜひご体感ください。

 

令和1年9月21日(土)〜23日(月)の3日間

 

AM10:00~PM5:00まで

鹿児島市宇宿9丁目11番6号

https://goo.gl/maps/7WZYS6xsEbeQDVeo7

㈱大城 2階部分

駐車場あり

【2018年の出来事総まとめ】

2018年もいろんな事がありました!

下記の通りまとめてみました。

1月 念願であった比叡山延暦寺へ人生初のお参り。
すべての御朱印帳をいただくも、一つだけダウト(臨時職員なのか、とんでもなく下手くそな御朱印を比叡山でいただくという奇跡。)

2月 千葉県南房総市で開催された断熱リノベWSに出水の超オサレ工務店STYLE HOUSE新屋さんとハイパー公務員森満っちゃんと鹿児島チームとして合宿参加。後の断熱活動の礎となる出会いが多数あり。
ここでの学びがなければ今の展開はなかった。

3月 リノベーションスクール@北九州のセルフリノベーションコースへ受講生として参加。ワークショップ運営の基礎を学ぶために。
3月1日生まれのリノベーションオブザイヤー2016、2018覇者タムタムデザイン@田村晟一郎と私と全く同じ誕生日の@福岡佐知子と学生時代思い出の黒崎で合同誕生会。
大学卒業以来初めて大学時代に過ごした折尾へ訪問し、思い出の焼鳥屋【鎌倉】に訪問でき、その後黒崎で楽しい時間を過ごす事ができた。

4月 ㈱大城 創業60周年記念旅行として大城家のルーツである沖縄へ。両親の結婚記念日を社員とともに沖縄で祝うことが出来た。

5月 JCのASPAC2018の運営スタッフとしてとんでもないスケジュールをこなす。
秋篠宮殿下、紀子様を間近で拝見し、嫁より好きかもしれない憧れのNMB山本彩に至近距離で会える経験をしたことで睡眠時間2時間とかの過酷労働がチャラになる。

6月 鹿屋市で仲間が頑張る【ユクサおおすみ海の学校】の開校前のWSへ参加。
ブルスタ大島さんと共に戯れながら塗装や読書机を作成

7月 おぎおんさぁ(鹿児島祇園祭)に参番神輿保存会助頭として二度目の参加。一年目は緊張とプレッシャーで何も出来なかったが、二年目は少し余裕が出てきて楽しむことも出来た。2019年は痩せて挑む。

8月 錦江湾横断遠泳大会の運営スタッフとして大会を成功に導く。海で始まり海で終わるというJC人生に悔いなしと思える素晴らしい体験をした。

9月 なんとなーく思い描いてた飲食店の夢、DIYで暮らしを豊かにしたいというきっかけ作り、自分の都合良く使えるBARという3つの夢を複合的に成り立たせた自分の店
【GREATFUL Days】 をオープン!
老舗の天丼が喰える金物屋 というコンセプトのもと、実家の隣の僕のSOUL FOODでもある老舗天ぷら屋さん【新橋】の天丼、かき揚げ丼を多くの方々に知ってもらうきっかけを作る。

今後のリノベーション事業における一つの場として今後の活用に期待

10月 JC全国大会で台風の宮崎へ。
ASPACサンクスナイトというクラブイベントにて盟友山ノ内元治がDJするってんで急遽10数年ぶりにサイドMCを担当。
久しぶりのクラブイベントに盛り上がってたらなんとスペシャルゲスト『マーク・パンサー』の入場紹介までさせてもらい、更にマークのサイドMCも担当。
JCやっててよかったと思った瞬間。

トクラスリフォーム選手権にて全国最優秀賞を受賞!昨年の九州エリア優秀賞から大きく飛躍!
鹿児島県の住まいのリフォームコンテストにおいてお客様とともにDIYを絡めて作り上げた住宅が奨励賞を受賞。

#老舗の天丼が喰える金物屋 に著名人を招待。

2つのコンテストでそれぞれ受賞を得るというリノベーション事業者として大きな一歩。

11月 西郷隆盛翁のそっくりさんを決める【全国西郷1グランプリ】の本戦出場!
優勝候補として注目されるも、会場投票に身内が一切投票しないという失態(知ってるだけで8票逃す。一位との差は6票ほどだったw)で会場投票2位、うなぎのつかみ取りで最後の組に引き離され優勝を逃す。
負けた人間は所詮負け犬だ。

12月 ㈱大城、リノベっがにとっての断熱元年、DIYリノベの集大成として日本ガスとの共同プロジェクトを大成功させる。
ここでの受講生は自分たちで断熱について深く考え、自宅に活用をするという理想的な展開に。
更には断熱リノベ施工した部屋と無断熱の部屋の温度測定データが圧倒的に違うという数値が出たため、改めて断熱の重要性を知る。

リノベーションオブザイヤー2018において3部門ノミネートされるも惜しくも受賞を逃す。
満を持してエントリーからノミネートにこぎつけた #老舗の天丼が喰える金物屋 は審査員から『お前やりすぎ!w』と叱咤をいただく。
コンテストは遊びではないと実感。
来年は超真面目に挑む。

恒例の築地での絶品寿司屋も急性副鼻腔炎のため味がイマイチ伝わらず不完全燃焼。寿司リベンジのため東京へ行きたい。

ということでいろんなことがあった2018年。

一番の記憶は山本彩に会えたことと、大なり小なりある中でもリフォームコンテストで全国最優秀賞をし受賞できたこと。
そしてJCラストイヤーを素晴らしい仲間と共に過ごせたこと。

多くの方々に支えられ、前厄でいろんな災難も有りながら笑顔で過ごすことが出来ました。

皆様ありがとうございました!

来年はさらなる高みを目指し頑張ってまいります!

今後共、㈱大城、RENOVEGGA、GREATFU Daysをよろしくお願いします!

全国最優秀賞受賞作品を長くなりましたが最後にぜひご覧下さーい!
https://www.toclas.co.jp/contest/no05/saiyusyu.html

今年一年私に刺激と勇気と元気をくださった方々の代表をタグ付けさせていただきます。

♪寒い〜夜だ〜か〜ら〜♪ラーメンのお話。

皆さんこんにちは。食いしん坊の三代目です。

さて本日は、リノベーションのことではなく私の大好きなラーメンのお話。

最近おしゃれなお店が増えてきた名山町エリア。

 

 

そんな名山町の片隅にひっそりと佇むお店『チュウカソバキミイロ』


ここは以前も紹介しましたね?
https://renovegga.com/blog/2555


店名でもわかるようにここのメインのラーメンは中華そば

 

鹿児島では珍しいあっさりとした醤油ラーメンが売りです。

昨年夏にOPENして依頼行列の絶えない人気店です。

久しぶりの来店で店主『ツッツー』に

 

『新メニュー増えてるけどオススメは?』


と聞くと

『大城さんタンメンまだ食べてないですよね?野菜不足の人に良いっすよ!』

とのことで、【#ツッツーが美味いと言うなら間違い無い】を信じてタンメン。

 

 

 

 

 

 

 

お前に食わせるタンメンは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有りました。

そして肉とラーメンの事しか書かない私は野菜を食わないと思われているのでしょうねw

『大城さんは当然大盛りでしょ?』

と言わんばかりにオーダーの際に『一応聞いとくけど』

的な感じで(実際にはこんな聞き方してないけどw)

『野菜は大盛りで?麺も大盛りで?』

って聞かれて素直に

『大盛り。』

と頷く僕。

 

何度でも言います。

 

 

 

痩せる気は有ります。

 

 

注文をしてからラーメンが出来上がるのを待っていると、よかったら食べて下さいとのことで『冷えた方がうまい唐揚げ』をいただきました。


ツッツー。ありがとう♡

ありがたく頂いた唐揚げを食べていると皿に何やら文字が・・・


72代横綱 稀勢の里の皿じゃないか!!!

実は私も相撲好き。特に稀勢の里は14年ぶりに誕生した日本人横綱として頑張っているから特に好き!

実はこんなノートも持っているwww

表紙をめくるとわかりやすい解説が。

中身はこんな感じの方眼紙なので、仕事の打合せで使ってます。

 

尊敬するミヤジンガーZこと参番神輿の宮地先輩が店長を務めるお店『What』で買いました。

Whatは言わずと知れた山形屋の雑貨屋さん。最近では西郷どん商店などでも絶好調!
気になる方はCheck!

http://www.web-what.com/

 

さて話が脱線しましたが、、、

本題のタンメン。

 

意外とデカイなwww

 

麺大盛りと野菜大盛りでシルエットは二郎系w

 

でも二郎と大きく違う所は・・・

 

 

優しい。

スープがやさしい。。。

 

これは二郎批判ではなく、種族の違い。

二郎がゴリゴリのラガーマン【オールブラックス】

だとすればこのタンメンは

 

石ちゃん。

なんか大きいのに優しいってのが伝わるでしょ?

例えがイマイチだったところで、二郎系の基本の技【天地返しを】行い野菜をスープに浸し麺が伸びないように。

最後の一滴まで美味しくいただきました。

寒い日に心も身体も温まる【野菜不足がちな貴方へ(タンメン)】

是非お試しください♪

では明日からもご安全に!

~お店情報~

チュウカソバキミイロ

鹿児島市名山町8

https://goo.gl/maps/upPcmoXJg6U2

近くにコインパーキングあります。

 

営業は10:00〜15:00まで。
店休日は不定休。

肉が喰えるOPEN HOUSE無事に終了♪

『リノベッが(㈱大城)のOPEN HOUSEは肉が喰えるらしいぞ!』

そんな噂を広めたいと思い開催した森満家DIYリノベーションOPEN HOUSEのBEFORE編とAFTER編。

予想以上に大盛況でした!

普通のOPEN HOUSEや住宅展示場ってどんなにカッコイイ家でも『へぇ』とか、『カッコイイっすね』とか、『ふーん』で終わっちゃうんですよ。

世間話して終わり。

そこにコミュニティは生まれない。

 

なんかそんなの寂しいなと思ってて、どんな仕掛けをすれば来てくれた人たちが楽しんで、そして印象に残ってもらえるかな?って考えてました。

そこで『肉喰うOPEN HOUSE』が産まれたんですね。

来てくれた人の滞在時間が少し長くなると、来てくれた人達同士で勝手に盛り上がったりするんですよ。

ローカルコミュニティ新聞について路上会議が始まったり

差し入れもってきてくださったり、それを皆で分けて食べたり。

しかも、家に興味なくても肉喰いたいから家を見に来てくれて、それをSNSで投稿してくれて、それを見た友達の友達がリノベに興味あって飛び込みで来てくれて。

 

そんな連鎖を呼ぶ企画でした。

 

今回改めて実感したこと。

 

『肉は正義!』

 

『肉があれば笑顔が産まれる!』

 

『肉で繋がった縁は本物!』

結果、家の案内もせずに肉ばっか焼いてましたw

そんなところで、本題の完成した家のBEFORE・AFTERを御覧ください。

 

玄関BEFORE

 

玄関AFTER

廊下をあえて壁で仕切り、チョークボードペイントでWELCOMEボードを。この裏には新たに洗面台を造作しています。

1FリビングBEFORE

THE昭和な和室が・・・

1FリビングAFTER

仲間をDIYで壁を白く塗装し、床には杉の浮造りフローリングを施主自ら張りました。
暗い印象だった天井も剥がし、梁を現しにして開放感を。

 

2F居室BEFORE

2F居室AFTER

 

2FリビングBEFORE

2FリビングAFTER

 

どうです?
とっても明るくなりましたよね?

浴室BEFORE

浴室FTER

トイレBEFORE

トイレAFTER

 

その他暮らしを楽しむ仕掛けがいっぱい♪

玄関正面の目隠し壁の裏側にはお気に入りの色のタイルを貼った洗面化粧台を。

和室にはロフトを造作し、ベッドと収納スペースを確保。

 

これからこの家で新たな物語が始まります。

最後にここに住み暮らす家族の笑顔のBEFORE・AFTERを。

 

とても素敵なご家族と楽しくお仕事出来ました♪

10年先も笑顔で暮らせる未来を描く〜物件から物語へ〜

 

※弊社のBBQは、リノベーション工事のセット商品となっております。

リノベーション工事を発注してくださいましたらOPEN HOUSEにて肉の振る舞いを行いますので、BBQをしたい方はまず工事発注をよろしくお願いしますw

お客様と共に家造りをする『DIYリノベーション』完成OPEN HOUSE開催

こんにちは。三代目です。

すっっっっっっっっっっっかりブログもサボりぐせがつきまして、FBやらインスタやらで満足してたわけですが(←それすら最近サボってた・・・)2018年、真面目にブログでいろんなことを伝えていこう!そして痩せよう!と心に決めたのでした。

てことで本題。

僕の仕事は建設業。

家動かしたりする曳家を60年以上やってますってのは前述の通り。

で、最近ではリノベおじさんとしてリノベーション住宅推進協議会鹿児島支部立ち上げたり、リノベーションスクールでサブユニットマスターやらせてもらったりと頑張っているわけですが、もともと自分で現場でトントンカンカンするのも好きでして、若い頃は移動し終わったあとの家の改修工事を大工さんの丁稚としてお手伝いしてたもんです。

なので、ちょっとした【こそくり】は自分で出来るんです。

一応。

お客さんから『ここにこんな棚付けたいんすよねー。』とか、『鏡付けたいけど下地がわからないー』とか、簡単なDIY相談てのは前からあったんです。

『あー、良いっすよー。付けときまーす』的な感じでお客さんに説明しながら取り付け方教えてみたいな。

机に向かって図面書いたり見積もりしたりするより本当はそんなのが好きなんです。

とはいっても好きなことだけで食っていけないのが人生の厳しい所。

理想と現実のギャップ。摂取カロリーと消費カロリーの溝はいつまでも埋まらない・・・

だいぶ前置きが長くなったところでそろそろ本当の本題w

今回、㈱大城リノベ事業部【RENOVEGGA】でお客様と共に家造りをする『DIYリノベーション』のプロデュースをさせていただきました!

さっき自分自身トントンカンカンするのが好きって話しましたが、今の世の中空前絶後のDIYブーム到来中ですよね?

『自分の家を自分で塗装したりしたいなー』

とか、

『出来れば大工さんみたいに床とかも貼ってみたいけど、道具もないし難しそうだし、そもそもそんなの誰も教えてくれないから雑誌やYOUTUBEで勉強するしか無いけど、結局自分じゃできないもんなー。』

なんて思ってる人は実はたっっっくさんいるんですよね!

 

わかる。

 

実にわかるよその悩み。

 

じゃあ一緒にやろうよ!

だってうちのブランド名『リノベっが』って『一緒にリノベすっが!』って意味だもん。

 

てな話から今回のこの物件動き出しました。

 

すこしお客様のお話をすると、お客様自身、仕事で空き家対策関連に携わってたり、リノベーションに興味アリアリで、さらに前から自分でものづくりをするのが好きで、リノベーションスクール@鹿児島の誘致メンバーでもありました。

『自分の家も自分でできる範囲は自分で作りたいって思ってて、三和町に元々住んでた実家が空き家になってるからココをリノベして住めないかな?
普通の賃貸にはない雰囲気の家を自分たち家族や友達と一緒にDIYで作りたい!でも知識も道具も足りない。こんな仕事受けてくれる工務店なんて無いしな。どうしよう。』

と考えてたそうでして、某不動産に『こんな感じで家造りしたいけど受けてくれる会社知らないですかー?』って話をリノベーションスクール誘致会議のときの飲み会の席で相談したらしく、

『大城んとこは?相談のってくれるかもよ?』

 

となり

 

タイミングよくそこに私が遅参登場。

 

お客様『大城さん、リノスク関係ないんですけど、こんな感じでこんな家造りしたいんですけど、リノベっがで出来ます???』

 

大城『できますよー。』

 

お客様『やったー!じゃあお願いします!』

 

て感じで話はトントン拍子に進む。

 

そこから、自分たちで施工する場所と大城で施工する場所の線引、予算の件、間取りレイアウト、使用部材の選定などなど数え切れないほどの打合せを重ね、いよいよ工事へとなったのが去年の秋。

 

自分が生まれ育った家をリノベーションして今度は自分の子供と共に住み繋いでいく。

まさに弊社が理想とする『住み継ぐ暮らし』のリノベーションです。

 

DIYリノベーション絡めるから盛大に楽しくやっていきましょう!ってなりました。

で、『OPEN HOUSEってさ、完成見学会あるけどBEFOREがわからないからリノベされてても感動ちっちゃいよね。』って話から、

 

『OPEN HOUSE 〜BEFORE編〜をやりましょう!』ってなって、

 

『普通にOPEN HOUSEってなんかイベント性に欠けるよね。家見て終わり。それじゃふーんで終わっちゃうよね。楽しいことしようよ!』

 

ってなって

 

『よし!肉焼こう!しかも焼肉じゃなくて塊肉!塊肉焼いて切って振る舞おう!』

 

 

前代未聞の振る舞いBBQのOPEN HOUSEが誕生した瞬間でした。

その時の様子がコチラ

 

ね?なんか楽しそうでしょ?w

 

普通、OPEN HOUSEってマイホーム検討者とかがどこの会社に工事頼もうかなーと思って見に来るので結構見に来る方も受け入れる側の建築会社も笑顔の奥にピリピリとした空気がある気がするんですw

 

そもそも知り合いとか家に興味ある人以外、マイホーム検討者じゃなきゃOPEN HOUSEって行かないですしね。

そこで僕の持論(一般人て多分こんな感覚だろうなーってやつ)

 

人が作った人の家に興味ない。

 

マイホーム欲しいけどお金かかるしまだ真剣に考えてない

真剣に検討する時にいろいろ見ればいいや

OPEN HOUSEとか住宅展示場とかいくと営業しつこそう

行くのやめよう

 

ってなってると思ってるの。

 

 

でもね。

 

別に家に興味は無くとも家に住んでない人はいない。

 

って事実がある限り、いつかはマイホームってなるんですよね。

 

そこで漠然と家造り考えてる人たちにもっとカジュアルに来てもらえる楽しいOPEN HOUSEしたいなーって思ってたのです。

そこで産まれたこのBBQ振る舞いOPEN HOUSE。

同業者から言われましたw

 

『ありえない』

 

『家見てもらうのに肉焼いたら、肉目当ての客ばっかになるんじゃない?』

 

『肉焼きながら案内するの?』

 

などなど。

 

まあそもそもコンセプトが

 

腹は減って無くても肉なら食える

肉がタダで食えるならちょっと遊びに行こうかな。

振る舞いのくせにこの肉美味いじゃないか。

コイツ何者だ?どこの店の人だろう?

何!この家の工事業者の社長だと!

コイツ、本業なんなんだ!肉焼いて無いで家説明しろよ!

こんなOPEN HOUSE初めてだ!

とりあえずFBやインスタにアップだ。『変な会社あるぞ!変な社長いるぞ!肉焼いてる!』

それを見た人が

あー、行けばよかった!楽しそう!次は行きたい!

 

結果RENOVEGGA覚えてもらえる。

 

こんなロジックで仕掛けてますw

 

だから良いんです。誰から何を言われてもw

 

あ、もちろん家造りはちゃんと真剣にやってます!

 

いろいろ脱線しまくりでとりとめのない話になりましたがw

子供が走り回る肉食うBEFORE編に続き、DIYリノベーションAFTER編。

肉喰いついでにおしゃれな空間見に来てね♡

肉が喰えるOPEN HOUSE

平成30年1月13日(土)

午前10時〜午後4時くらいまで(客足次第で終了時刻は変動します)

場所:三和町郵便局すぐ近く

Google Mapsはコチラ➔https://goo.gl/maps/mFHY1k6N51v

駐車場:三和町郵便局前道路は路上に駐車スペースがあります。

 

二郎という食べ物

こんにちは。三代目です。

皆さんはラーメンと言えばどこを思い出しますか?

鹿児島にも美味しいラーメン屋さんいっぱい有りますよね!

東京には超有名店がいっぱいあるわけですが、その中でも異彩を放つのが

そうです。

『ニンニク入れますか?』でおなじみのあの名店。

ジロリアンと呼ばれるマニアな人たちが戦いを挑むDEEPなお店。

実は縁ありまして、数年前から神田神保町のラーメン二郎の店主と知り合いになり、東京へ行くときは立ち寄るルーティーンになっております。

しかも朝イチ便で東京へ行って、そのまま直行便でw

ラーメン二郎の神田神保町店といえば数ある二郎の中でもクオリティと量の多さで有名な店。

そんな神保町店の店主『にしやん』さんの名言。

『量は愛だ』

その愛を受け止めに行きました。

グツグツ炊かれる特性の豚出汁スープがスタンバイ

 

 

モチモチの自家製麺がこれでもか!ってくらい大量に湯で釜へIN

 

 

 

 

丼に移される麺は明らかに量が・・・

 

 

 

 

普通ラーメンってスープの水面より上に出ること無いっすよねw

 

まして、丼のフチより高さが勝ることなんて無いはずですよね?w

 

これがココ、神田神保町店ではオフィシャルらしいですw

 

普通のラーメン屋なら特盛りに匹敵する量!

丁寧に盛り付けられていざ着丼。

二郎山への登山の幕開けです。

ネットで勉強した麺が伸びないテクニック【天地返し】をしっかりと実践し、

 

なんとか完食。

 

食べ終わったときは『もうしばらくはラーメン食いたくない。むしろ夜まで飯いらない!』って思うんですが、そこが二郎の中毒性。

夕方にはまた恋しくなっちゃいました♡

また東京へ行くときは寄らせていただきます。

ごちそうさまでした。

♨中山温泉♨

ばんばんは

我が家では、普段家に居ない私が家族とコミュニケーションを取る方法は限られています。

普段、家族との戯れは主に外食、もしくはベランダBBQなのですが、日曜日夕方特に予定のない時や疲れがたまったときは決まって【中山温泉】へ行きます。http://www13.plala.or.jp/chuzanonsen/

この【中山温泉】はね、何と言ってもお湯が良い!

そしてそして、名物家族湯

 

ココの家族湯、和室6畳間と別で貸し切り温泉がついてるので、ちょっと旅行に行った気分を味わえます。

5部屋あって、お風呂の形状も全て違います。

勿論、大城家は全て制覇!

そしてそして、ゆったり温泉を楽しんだあとは・・・

 

美味い飯が待っている。

 

あのね、

 

中山温泉のね

 

食堂はね

 

クオリティが半端ないの!

上の品きメニューも去ることながら、ここの食堂は出汁が凄い美味しいの。

だからうどんとそばが超美味い!

さらに!おつまみメニューも豊富で、飲ん兵衛にもありがたい。

いつもは冷奴、とろろ、鳥刺し、ナス味噌炒め、餃子をやっつけて最後にチビ達の食べ残しのうどんや親子丼で締めるのですが、今日は違う。

 

 

肉が食いてぇ。。。

 

なんとここ中山温泉は温泉併設の食堂なのに焼肉があるんです!

 

しかも使用するお肉は【鹿児島県産黒毛和牛】

 

そんな上等なお肉がリーズナブルに食べられます。

なんと二人前(カルビ・ロース・ご飯・味噌汁・アイス)税込み2,700円!!!(一人あたり1,350円)

 

見てこのサシ!

 

そしてこの焼き上がり!

これをこうして・・・

 

美味くないわけないよね。。。

 

ココのお肉は騎射場にお店を構える【肉のツツミ】から仕入れているのでそりゃ間違いないわけですよ。

http://www.meat-of-tutumi.com/

だって、天文館の老舗【焼肉れすとらん明月】を運営するお肉屋さんですもの。

http://www.meat-of-tutumi.com/meigetu/index.html

 

温泉入ってうまいビール飲んで、焼酎飲んで、更に黒毛和牛焼肉が一皿追加しても一人2000円くらい(飲み物別ね。飲み物込みでも3,000円で済む)で食えて、とっても幸せな夜でした。

 

そして締めは【五穀米とろろごはん】

 

とろろに自慢の出汁がたっぷりと。

 

そこへ生卵のコラボですよ!

生卵を掛けたアツアツ五穀米に天然だしたっぷりのとろろを掛ける。

 

#大城が美味いと言うなら間違いない

 

 

たまには贅沢してみませんか?

と思ってくださる方は是非。

 

鹿児島の温泉は人の心も温めますよ!

 

http://www13.plala.or.jp/chuzanonsen/access.html

鹿児島は食の宝庫♪

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。

見てくれてる人の時間帯に合わせて三種の挨拶をする、僕です○┐ (←某有名ブロガーのパクリ)

さて、昨日は私が所属するとある団体の集まりでした。

私達は11月に【自らが鹿児島の食を知り、鹿児島に住み暮らす人、一人一人が鹿児島に誇りを持ち、県外や海外から来てくださった方を食の情報量でおもてなしする】という目的を持ち、情報発信するきっかけを創る企画しています。

そんな情報を発信するために

鹿児島の黒牛、黒豚(品質、生産量共に日本トップクラス)

鹿児島の鶏(生産量・出荷量日本一)

鹿児島のカンパチ(養殖日本一)

鹿児島のお茶(生産量日本二位)

鹿児島の鰹節(生産量日本一)

鹿児島の黒酢(生産量日本一)

鹿児島の焼酎(出荷量では宮崎に負けたけど消費量はブッチギリの日本一)

鹿児島のさつま揚げ(当然生産量日本一)

についてのウンチクを研究しています。鹿児島は日本一が多いんですよね。実は。

そんな日本一なのに鹿児島人があまり普段から話題にもしない【鹿児島の食】をあえて掘り下げています。

昨夜は白熱した討論のあとの懇親会で、実際に上記項目の黒酢に精通する方、農業をはじめ、鹿児島の食全般に精通する方、鹿児島の情報発信の中核である有名ブロガーに来ていただき、情報交換してました。

やっぱね、盛り上がるんですよ。食の話は。

そんな盛り上がる話の中で一際異彩を放ったのがこの話題。

大城『僕は県外からお客様とか来たときは必ず最初に新橋かき揚げ丼連れて行くんすよ。

なぜか?

だって、鹿児島来てみんな黒豚食いたいとかって言うでしょ?だったら僕じゃなくても黒豚連れてってくれるんでしょ?

新橋のかき揚げ丼は日本でココにしか無いかき揚げ丼出す店で、更には俺じゃなきゃぜっっっっっっったい県外ゲストの一発目の食としてチョイスしないでしょ?』

自慢げに

 

ドヤ顔で

 

鼻息荒く意気揚々と語っておりました所・・・

 

上には上がいるんすね。

 

有名ブロガーの僕氏『その感覚わかります。

鹿児島ならではの部分ですよね!だから僕は王将に連れて行くんですよ!

天津飯

あれこそ鹿児島の最強ローカルフードですからね!』

やられました。

 

コイツ、強い。。。

 

確かに県外の王将と鹿児島王将は全くの別物である。

 

そしてゲストを連れて行くにはおもてなしとしてあの空間が成立するのか?という不安もある。

 

そんなことお構いなしに『王将の天津飯最強。僕は昔から餃子リャン、天丼でしたね。県外の友人にもこれ食わせてます。』

 

さすが有名ブロガーの僕氏。

 

そこから王将トークは拡がる拡がる。

 

・新人はまず餃子を焼きながら年数の長い先輩にイビられてる。

・餃子係はイビられてるが、唐揚げ係は無口に唐揚げをアゲている。

・中華鍋ふってる人が一番偉い。

・ヤキメシ係はヤキメシのオーダー以外動かない。

・久しぶりに王将に行くと、餃子係でイビられてたオジサンが中華鍋に昇格している!

 

など、オープンキッチンでお客さん居ても平気で怒号が飛び交っていた鹿児島王将あるあるで盛り上がりました。

皆さんこんな経験有りません?県外の友人やお客様に

『鹿児島来たから黒豚食いたい。黒豚の美味しい店連れてって。』

これって非常に難しい質問なんですよね。

黒豚って言っても、しゃぶしゃぶ?トンカツ?
いつ?誰と?昼飯で?飲みながら?ってな感じで悩むんですよ。

個人的には『黒豚喰うならしゃぶしゃぶかなぁ。いちにいさんが間違いないなぁ。』

とか、

『トンカツは高い値段の黒豚より実は住宅街の白豚揚げてるとんかつ屋の方が好きなんだよなー。』

とか。

 

ブレるんですよ。

 

そこで昨日、自信が確信に変わりました。

 

初鹿児島のゲストでもお構いなしにファーストバイトは新橋か王将。

 

何の話や!ってところで、本日も頑張ってまいりましょう!

チュウカソバキミイロ

やっと行けました!

名山堀の隅っこに2017年8月にOPENした新店舗

【チュウカソバキミイロ】

そうです。あのラーメン屋やるやると言いながらずっと修行に明け暮れていたツッツーの店です。

民家の一階をリノベーションされた店内はカウンターのみの7席。

メニューは中華そば一本にあとはご飯とトッピング。

ラーメンの名前も【これでダメなら申し訳ない】という名前だから、それだけ自信があるってことですよね。潔い。

外で並ぶこと10分。店内で注文してからラーメン出てくるまで5分弱。

この素早いオペレーションに感激。

ラーメン屋って席についていかに早くラーメン提供できるかってすごく大事だと思うんですよ。

OPEN当初はどうしてもバタつくので、メニューを一本化して提供を早める判断は素晴らしい。

そして来ました中華そば。

鹿児島ではあまり見ない、本格的な中華そば。

まずはスープを一口。

うん。美味い。あっさりなのにしっかり味があって、それでいてしつこくない!

美味しんぼでよく出てたフレーズですねwでも本当にそうなんです。

ラーメンも去ることながらこの角ロースレアチャーシューが美味い!何とも言えない味わい!

ラーメンともよく絡むし、ご飯にも合います。

そして玉ねぎ!これが食感もよく、良いアクセントになってます!

麺もモチモチでトータルバランス素晴らしいの一言。

あっという間に完食。

いやー、鹿児島も本当にラーメンのバリエーション多くて、しかも新店舗OPENの店はどこもレベルが高い。

鹿児島の食のポテンシャルはまだまだ発展しますね!

ではまた。